ものづくりを一気通貫でお手伝い。Multi Parts Supplierの丸山製作所。

>
b-log

b-log

2013/06/26 いいわけ

 

とあるバンドのヒット曲ではありません。

あるビジネス書にこんな事が書かれていました。

『言い訳は一切聞かない』

 

要旨はこうです。

社長なら社長の、部長なら部長の、課長なら課長の、担当者なら担当者の責任、役割りがあるのだから、

仕事が上手く行かなかったのは本人の働きの結果であり、他の要因によるものではない。

だから言い訳は聞かない。

 

なるほどと思える部分もありますが、これを読んで私はこう思いました。

上記の 言い訳を一切聞かない理由 は、言い訳を一切『言わない』理由にした方が良いのではないか。

つまり、上記のような覚悟や姿勢で仕事に臨み、

自分の中で『言い訳しない仕事をする』というルールを決めるのはいいのですが、

他人に対して『言い訳を聞かない』というのは、いかがなものかと思うのです。

 

言い訳には何か改善するヒントが含まれています。

他の人と出来なかった理由、言い訳を話し合う事で何かが生まれると思います。

という訳で、人の言い訳を聞きつつ、自分は『言い訳しない仕事をする』という姿勢で仕事に臨むのが良い

という結論に至りました。

 

但し、現時点で私は言い訳をよくしているので、その域に達する道ははるか遠くまで続いているようです。

 

(Author t)

2013/06/18 準備完了!

 

今日は、6月19日開幕の機械要素技術展の準備です。

説明員組が午後から東京ビックサイトに乗り込み、ブースの設営。

 

今回、弊社のテーマは「京都」を基調にコーディネートしました。

 

 

全容をここでお見せしたいのですが、それでは弊社ブースへのお越しいただけなくなりますので、

ここでは、準備終了後の正面写真だけ公開します。

 

これで、明日からの機械要素技術展の準備は整いました。

説明員たちは「どぉおんとこい」と言っております。

 

それでは、東京ビックサイトでお待ちしております。

 

(from s)

2013/06/15 いよいよ来週

 

久々の更新です。

 

いよいよ、機械要素技術展が来週に迫りました。

展示物の梱包を終え、チャーター便で発送し、あとは設営と開催を待つのみ。

 

もう一度、この場を借りて案内申し上げます。

 

第17回 機械要素技術展

会期:2013年6月19日(水)~2013年6月21日(金)

    10:00~18:00 (最終日は17:00まで)

会場:東京ビックサイト

弊社ブース番号は 55-36番です

 

お近くに寄られた際は、お立ち寄りください。

そして、会場に来られた方は、ぜひ弊社ブースにお立ち寄りください。

みなさんのお越しを説明員一同、お待ちしております

 

(From S)

2013/05/31 一番嫌いな梅雨の季節

 

今週の始まり頃から、曇りがちな蒸し暑い気候になってきました。

洗濯物は乾き難く、蒸し蒸しジメジメ...

一年で一番嫌いな季節です。

 

 (Author F)

2013/05/27 夏の気配

 

非常に暑かった5月ですが、25日に聞いたラジオの情報によると、

5月中に真夏日を記録した日数(6日だったと思います)が46年ぶりの多さだったそうです。

 

へ~、そうなんや。

と思いながら車を走らせていたら、逃げ水も見え、益々暑く感じました。

 

ちなみに逃げ水は地鏡(じかがみ)ともいうそうです。

こちらの名前のほうが風情がありますね。

 

(Author T-Ⅱ)

2013/05/14 光速

 

2011年9月にニュートリノの速さが光速を超える可能性があるとの研究報告がありました。

確か、その後の観測では測定誤差によるものでニュートリノが光速を超えることは否定されていたと思います。

 

現在、光の速さが有限だということは多くの人が知っていることですが、

数世紀前までは光の速さは無限だと考えられていたそうです。

 

つまり、どんなに遠く離れた場所にでも、光は一瞬で届くと考えられていました。

 

そんな時代に世界で初めて光の速さを測定した人は、星の動きを観測することで光速を求めたそうです。

その人は木星の衛星イオに着目し、イオが木星の影に隠れる時間を測定しました。

 

光の速さが無限であれば、イオが木星の影に隠れるタイミングは、

地球と木星の距離に関係なく一定であるはずですが、地球と木星の距離が変わると、

イオが木星の影に隠れるタイミングが変わったそうです。

 

その時に導き出された光速は秒速21万キロで、

実際の秒速30万キロとは少し違いますが当時の常識にとらわれず、

観測によって自分の考えを証明したところが凄いことだと思います。

 

毎日、あれよあれよという間に過ぎてますが、

こういう話を読んだり聞いたりすると日常を忘れ、なにかワクワクした気分にさせてくれます。

 

(Author T-Ⅱ)

2013/05/13 アニメ映画

 

先日、幼稚園児が主役の某人気アニメの映画を見てきました。

子供向けと侮るなかれ。

笑いあり、涙あり(2度ほどウルっときました)の大満足の90分でした(^.^)

 

 (Author T-Ⅱ)

2013/05/11 FM-宇治で紹介されました

 

昨日の5月10日午後、地元といっても隣の市、宇治市のFM局 FM-宇治の番組内で弊社が紹介されました。

しかも生放送です。

 

吉本の芸人さん「タナからイケダ」さんの池田さんと、クロスピア久御山の所長さんがいらっしゃいました。

聞けば、弊社のお隣のプラスコート株式会社さんの後に弊社にいらっしゃったようです。

 

(訪問時の写真)

 

生放送の時間は10分くらいだったのですが、まったくの初体験。

ドキドキしとおしの10分間でした。

 

(案内中の様子)

 

少し話が脱線しますが、6月2日のクロスピア久御山の3周年記念イベントで、

「コマ大戦 京都久御山場所」が開催されます。

 

ちょうど番組の初めに、その話を所長さんがされていたらしかったのですが、

実は、そのコマ大戦で使用されるコマは、弊社で加工し、

先日、主催者に引き渡したところだったのです。

 

ちょうど良いタイミングの訪問でありがたかったです。

 

正直なところ。

「タナからイケダ」さんのお二人は、全く存じておりませんでしたが、これからどんどん活躍していただきたいですね。

応援しますよ~。

 

(from S)

2013/05/10 セグウェイ

 

先日、近所のスーパーでセグウェイの試乗イベントがありました。

かなり不思議な運転感覚で面白かったです。

ちなみに、大人だけで乗りに行くのは恥ずかしかったので、子供をダシにして行って来ました(^^♪

 

 

(Author T-Ⅱ)

2013/05/08 つつじ

 

弊社社屋の正面玄関前のツツジが満開を迎えました。

今が見ごろです。

 

 

(from S)

2013/05/07 名古屋水族館

 

少し前、名古屋港水族館に行ってきました。

 

生後約半年のシャチの赤ちゃんが母シャチと一緒に泳いだり、

水槽越しに飼育員について泳いだりする姿に癒されました。

 

 

 

(Author T-Ⅱ)

2013/04/27 GWですね

 

こんにちわ。

久しぶりの更新になってしまいました。

 

GWがスタートしましたね。

ニュースを見ていると、あちこちで交通渋滞が発生しているようですね。

 

さてさて。

FaceBookの公式サイトを立ち上げようかどうしようか悩んでいます。

 

実は今年。

弊社では、いろいろと行事が目白押しなのです。

 

6/2 コマ大戦 京都久御山場所

まちの駅 クロスピア久御山の3周年記念のイベントです。

詳細は、コマ大戦のWebサイトより、開催日程をご覧ください。

http://www.komataisen.com/

 

6/19~6/21 機械要素技術展に出展

 

そういう行事の情報を、リアルタイムにお知らせしてくことを目的としています。

 

このGWにちょっと構想を練ってみましょうか。

 

それでは、良いGWを。

 

(from S)

2013/04/19 元の姿

 

先日のこと。

 

カーラジオから、

最近は、家で魚をさばくことが少なく、切り身を買ってくる家庭が多い。

中には、魚の姿を見たことがなく、切り身で泳いでいると思っている子もいる。

という話が・・・。

 

ハマチやマグロが切り身で海を泳いていたら・・・

ハモがおとしの姿(湯引きされた姿)で海を泳いでいたら・・・・。

 

魚が切り身になっていく工程を知るには。

たとえば、休日に魚屋さんにいっしょに買い物に出かける。

1匹を、3枚におろしてもって、購入する。

それが、マグロの解体ショーだと、魚そのものが大きいので、さらに迫力があるかもしれません。

そうすれば、切り身になる前の魚の姿を知ることはできます。

 

弊社が加工している部品に置き換えると・・・。

ネジはどうやってできるのか?

プーリーはどうやってできるのか?

シャフトは?

ピンは?

 

切り身になる工程を知るのと、部品ができる工程を知るのは、同じことかもしれませんね。

 

(from S)

2013/04/16 蓮華

 

工場の周りの田んぼでは、蓮華が満開です。

 

 

満開の蓮華が一面の田んぼなんて、最近では見かけなくなった光景ですよね。

思わず、車を止めて撮影をさせてもらいました。

 

田植えの前に蓮華を育てることで、土に窒素を含ませ土壌がよくなる。

そうすることで良い米が育つ。

そして、養蜂で採れる蓮華の蜂蜜もまた美味しいのだ。

 

という話が、数年前に読んだ小説にあったのを思い出しました。

 

もう、米作りは始まっているのですね。

 

(from S)

2013/04/15 早起き

 

先日の土曜日にいつもより早起きして出かけてきました。

遊びに行く日は早起きしてもスパッと目が覚めるのは大人になっても子供の頃のままですね。

 

(Author T-Ⅱ)

2013/04/10 入学式

 

山城地方では入学式の時期を迎えております。

 

4月9日が小学校の入学式

4月10日が中学校の入学式

 

真新しい服に身を包み、新しい靴を履き、新しい鞄を持って学校に登校する姿。

この時期、通勤途上でその姿を見ると、不思議と新鮮な気分になります。

がんばれ新1年生!

 

(from S)

2013/04/04 体験

 

先日、テレビの科学実験でおなじみの先生のサイエンスショーを見に行きました。

テレビで見た時は「へぇ~」程度にしか感じなかった実験でも、実際に見ると「おおーーー!!!!」と感動しました。

様々な情報が簡単に手に入る時代ですが、体験することは大事ですね。

 

(Author T-Ⅱ)

2013/04/03 桜の森の満開の下

 

今日は本のお話です。

 

先週の末、京都では桜が満開となりました。

今日の風雨で散ってしまったかもしれませんが・・・。

 

桜の開花や満開の宣言は、各気象台が設定した標本木を参考にしているそうです。

ちなみに、京都では二条城の桜だそうです。

8割咲いたら満開だそうです。

 

満開の桜。

良いですよね。

 

でも、何かさみしさを感じます。

小生だけでしょうか?

満開の桜を見ると、ふと、坂口安吾の小説「桜の森の満開の下」の冒頭をふと思い浮かびます。

 

桜の花が咲くと人々は酒をぶらさげたり団子をたべて花の下を歩いて絶景だの

春ランマンだのと浮かれて陽気になりますが、これは嘘です。~以下略~

 

で始まる小説です。

 

あらすじは・・・。

鈴鹿峠に棲みついた山賊が・・・・、という話ですが、ここで書くと長くなるので、本を読んでください。

読んだとき、小生の感想は、「なんかさみしいなぁ。」という感想でした。

 

そして、この小説を原典に、パロディ化したのが森見登美彦氏の「桜の森の満開の下」。

 

男は、哲学の道の満開の桜の下で女に出会います。

その男の小説を読んだ女は、男の小説を誉めます。

やがて、女は男の恋人となり、男はすべてが順調になり、新人賞を受賞します。

男の作品は売れだし、男は成功しますが、小説と恋人への情熱を喪失する。

 

という話です。

 

坂口安吾の作品感が残った作品で、この小説を読んだ感想も「さみしいなぁ。」という感想でした。

 

総じて、満開の桜はさみしいものかもしれません。

 

ちなみに、森見氏の「桜の森の満開の下」は、「新釈 走れメロス」(祥伝社文庫刊)に収録されています。

 

(from s)

2013/04/01

 

週末に花見に行って来ました。

この時期は普段通りなれた道でも桜の花があちこちで咲いていて綺麗ですよね。

 

 

ちなみに、写真の桜は宇治植物園の桜です。

 

(Author T-Ⅱ)

2013/03/27 W杯予選

 

日本代表がヨルダン代表に負けてしまいましたね。

 

結果は残念でしたが、試合終了まで選手たちはあきらめずにプレーしていたので、

見ているこちらもあきらめずに応援できました。

 

6月 ホームのオーストラリア戦で勝ってワールドカップ出場を決めてくれるのを楽しみに待ちたいと思います。

 

(Author T-Ⅱ)

2013/03/21 土筆

 

今週前半、雨がよく降りました。

先日も、話題にあげましたが、この時期の雨は「催花雨」といいます。

 

その「催花雨」に促されたのでしょうか。

植え込みのところで、土筆が芽を出しているのを見つけました。

 

 

(from S)

2013/03/18 催花雨

 

週明けの京都は雨です。

この時期の雨は「催花雨」とも言いうそうです。

花が咲くのを促す雨だそうです。

なかなか面白い言葉です。

 

小生がいつも回っているルートには、枝垂れ桜の並木があります。

 

その雨に促されたのか、枝垂れ桜の並木が、だんだんと紅くなり始めていました。

この調子だと、週末には開花するでしょうか。

楽しみですね。

 

(from S)

2013/03/15 東山花灯路

 

こんばんわ。

久しぶりの登場です。

 

弊社は、全国にお取引先様がございます。

そこで、今回も京都の観光案内のお話です。

 

先週、3月8日の金曜日から3月17日まで、「東山花灯路」というイベントが開催されています。

かいつまんでお話をしますと・・・。

清水寺~高台寺~八坂神社~知恩院~青蓮院といった、東山あたりをライトアップするというイベントです。

 

で、小生。

先週、9日の土曜日に行ってまいりました。

高台寺や石堀小路あたりをふらふらと散歩。

意外と幻想的でした。

 

 

みなさん。

この週末、京都に来られたら、お立ち寄りください。

 

(from S)

2013/03/13 ホワイトデー

 

明日はホワイトデーですね。

 

バレンタインのお返しにマドレーヌを焼きました。

ホワイトデーに手作りのお菓子は珍しく、渡した人には驚かれましたが、

お菓子作りはプラモデル作りと同じだというのが私の感想です。

 

決まった材料を混ぜて決まった温度で焼くだけ。

 

みなさんはどう思われますか?

 

(Author T-Ⅱ)

2013/03/12 花粉症・・・。

 

毎年恒例の花粉症に悩まされている営業Tです。

外出するたび、目が痒くなり、鼻がムズムズ…

苦しい季節がまたやってきました。

当分、マスクと薬が離せません。

しかし、花粉症に負けず、お客様に喜んで頂ける製品をお届けする為に頑張りたいと思います。

単品、量産、短納期、何でもお気軽にご相談下さい。

皆様のお問い合わせ、社員一同心よりお待ちしております。

 

(Author T)

2013/03/08 人間万事塞翁が馬

 

今日も言葉シリーズです。

今日の言葉は、これ。

 

人間万事塞翁が馬

「じんかんばんじさいおうがうま」と読みます。

これは、先日、ある講演会に参加した方から聞いた話です。

その講演会とは、とある会社様の創業から自社ブランドを立ち上げ、現在までの軌跡をたどった講演会だったそうです。

その、講演会でこの言葉が出たそうです。

 

気になったので、調べてみました。

 

この言葉は、中国の古い書物「淮南子」に書かれているそうです。

 

城塞の翁のところの馬が、脱走しました。

周りの人は哀れだが、その馬が戻ってきた時に、たくさんの馬を連れていたといます。

みなは大変ありがたがり、その馬の一頭に乗っていた翁のせがれは、落馬して骨折をしてしまいます。

しばらくすると、城塞は異民族に襲撃をされ、若者はみな戦にかりだされ、命をおとします。

しかし、せがれは骨折をしていたので、戦にかりだされずに済み、無事だった。

 

というお話です。

 

人間とは、世間のこと。

塞翁というのは、城塞の翁。

世間の幸も不幸も翁のところの馬が逃げたことから始まった。

まったくもって、幸も不幸も予測のつかないことである。

 

という意味だそうです。

 

それではみなさん、1週間お疲れ様でした。

よい週末を。

 

(from S)

2013/03/07 上善如水

 

質問です。

「上善如水」

これ、何と読むかご存知ですか?

 

正解は・・・・。

この場合、「じょうぜんじょすい」だそうです。

 

上善如水、水善利万物而不争、居衆人之所悪

から来ているそうです。

 

意味は、、、

水は丸い器では丸くなり、四角い器では四角になる。

人の好まない、低いところへ流れ、ものすごいパワーを秘めている。

「もっとも理想の生き方は、水のようなありかたである。」と説いた名言です。

 

 

なぜ、今日の話題がこういう話題かというと・・・。

弊社では、毎日の朝礼で「松下幸之助 成功への金言 365(PHP社刊)」を朝礼当番の順番に朗読しています。

今日、2月7日のお題は、「自然の営みにふれる。」

 

「素直な心を養う大切なことのひとつに、大自然にふれるということがある。

自然には、私心もとらわれもないので、素直に物事が動き、推移している。

だから、静かに自然の姿を見て、観察していくことで、みずからのうちに養っていくことができるようになる。」

といういう内容なのです。

 

この書籍は、毎回内容を読んだ後に、自問自答し考えることができるように書かれています。

今回の内容を受けての自問自答は、老子の名言の一つ、「上善如水」が例えにあげられています。

 

で、その「上善如水」を読んだ小生。

すいません、みなまでは言いませんが、まだまだです。

 

(from S)

2013/03/06 消防訓練でした。

 

今日は、午後から消防訓練でした。

今日の訓練は、1Fの工場から出火したことを想定した避難訓練からスタート。

無事、全員が避難した後、3Fの食堂にて、座学講習会です。

今回の講習会は、「火災発生時の初期対応について」という内容で、ビデオ講習です。

 

(座学講習会)

 

みなさんは、火災発生時の初期対応について、何をするかご存知ですか?

1、覚知、認識する。

火事が発生したことを周りの人に知らせます。

 

2、通報する。

火災が発生したということを消防に通報します。

通報す時は必ず、会社の名前と住所、どこで何が燃えているかを伝えます。

通報する時のために、会社の住所、電話番号は暗記しておくと良いですね。

また、電話のそばに、通報するときのために備えて、住所、電話番号、等を記載した通報マニアルを

わかりやすく掲示しておくのも良いかもしれません。

 

3、初期消火を試みる。

消火器や消火栓で消火を試みる。

消火器では、約15秒の消火剤が放出されるので、効果がない場合もあるため、

できれば、2本、3本と持っていくと良いでしょう。

 

4、避難

火が天井に燃え移ると消火器での消火はできないので、非難する。

避難するときは、煙を吸わないように、ハンカチ等で口を押え、姿勢を低くして避難する。

 

 

ビデオ講習のあとは、久御山町消防本部の方から消火栓の使い方の説明を受けました。

消火栓で消火するときは、水圧を確保するため、ホースが折れたりねじれが無いよう、

火元まで持って走り、消火をする。

 

水圧で、筒先が振り回されることがあるので、筒先は2人、送水操作をする人1人の3人以上で消火にあたること。

 

(消火栓の操作説明) 

 

久御山町消防本部のみなさん、ありがとうございました。

 

(from S)

2013/03/04 今週は・・・

 

更新が遅くなってしまいました。

 

先週末、久しぶりに京都市内に散歩に出かけてみました。

雲が厚く、今にも雨が降り出しそうな空をしていました。

平安神宮あたりを散歩していたのですが、まだまだ肌寒かったです。

 

 

ところが、天気予報によると、昨日までとうってかわり、今週の京都は暖かいそうです。

暖かいと、花粉が飛ぶ。

そろそろ、花粉症の症状が・・・。

 

今週もはじまったばかりです。

今週も一週間がんばりましょう。

 

(from s)

2013/03/01 今日からブログを始めます。
 
弊社のホームページのリニューアル作業を始めました。
3月に入ったということで、今月から社員ブログを立ち上げました。
 
今日の京都は昼から雨が降っています。
金曜日の雨というのは、どうも憂鬱で仕方がありません。
土曜日と日曜日は晴れてくれると良いのですが。。。
 
それでは、みなさん、良い週末を!
 
(from S)